プログラムアップデート情報

■Web接続環境にて、文字彫刻V2、PGグラフィックV2、プログラムメインメニュー「設定」−「更新のチェック」機能よりアップデートを行ってください。新しい更新がある場合、以下のようなメッセージが表示されます。プラグインソフトが組み込まれている場合でも、プラグインソフトのアップデートを自動で行います。
※Web接続環境でご利用ができない場合のアップデート方法につきましては、弊社までお問い合わせください。

 ※「環境設定」−「特殊1」タブ、「起動時に更新チェックを行う」でも実行可能です。



 文字彫刻V2アップデート情報 15/11/01版


「文字列分解」機能で左/右レイアウトの場合、分解後の文字位置がずれるバグを修正。

サンユー彫刻機転送画面にて、ウインドウ上部に総枚数、配置横枚数、配置縦枚数を表示するように改良。

TrueType書体MSゴシック等にて一部文字入力エラーが出る場合がある箇所の修正。

数箇所の機能改良及び細かいバグの修正及びWindows新OSに対応するための一部修正。



文字彫刻V2 更新履歴

15/06/15

複数タブを開いている時にタブを閉じた場合、他のタブ内のマークデータが稀に削除される、または材料大きさ変更のメッセージが出る場合があるバグの修正。

「書式」−「整列」メニューをシンプルにし、新たに「中央合わせ」(センタリング)機能を追加。

「表示」メニュー内に「余白表示/非表示」を新設。


15/05/11

本バージョンよりV2.1に。サンユー彫刻機出力時のUSBパラレル変換ケーブルに対応。※ドライバソフトセットアップ等作業が必要です。

グリッド線表示時、ガイド数値を表示するように改良。「環境設定」−「表示2」にて数値の表示/非表示設定が可能です。

その他数箇所の機能改良及び細かいバグの修正。


14/09/17

簡易作図の内容を修正した場合、稀に他の製品番号の内容も変更されてしまう場合があるバグを修正。

終了時に保存されていないタブが複数ある場合の確認画面に、終了をキャンセルする「キャンセル」ボタンを追加(初めの1回目の確認画面に表示されます)。


14/06/19

「全体回転」機能にて、適応範囲(全行、全枚数全行)を選択できるように改良。

サンユー彫刻機転送画面にて、「材料原点/開始位置」の選択方法を変更。


14/06/02

自動アップデート機能にて、弊社サーバにエラーがあった場合、エラー終了してしまう動作を機能修正。

サンユー彫刻機機械中丸書体をご利用のユーザ様にて、機械書体、彫刻書体が混在した場合の転送画面で、彫刻書体に変換を選択した際に彫刻JIS書体に変換されてしまう不具合を修正。また彫刻JIS/中丸、新彫刻JIS/中丸を選択できるよう改良。


14/04/06

自動アップデート機能を強化。NC出力プラグイン、ローランド(NS500)/ミマキプラグイン、レーザー出力プラグインをご使用の場合、「更新のチェック」アップデート機能にて、本体プログラムと同時に自動更新ができるように改良。※プラグインソフトアップデート検出機能は今回の更新後に機能いたします。

サンユー彫刻機、NS500彫刻機、レーザー彫刻機を同時接続してご利用の場合、それぞれショートカットキーF6、F7、F8にて転送出力できるように改良。


14/01/24

サンユー彫刻機転送にて、彫刻書体転送時でもダイレクト出力ができるように修正。

文字表示が四角形表示時、転送終了後に文字表示に戻る不備を修正。

材料形状が台形時の一部表示の不備を修正。

レーザー出力プラグイン使用時の転送タイミングを改良。


13/10/17

「全体移動」を全枚数全行に行った場合に生じるバグの修正。

材料配置画面にて全体大きさ表示項目を追加。

NCプラグイン、レーザー出力プラグイン出力時、マークデータに長平体をかけた場合に生じるバグの修正。

レーザー出力プラグイン使用時、TrueTypeフォント画面表示にて、正しくベタ表示(塗り潰し表示)しない場合があるバグを修正。


13/07/02

材料配置画面にて、タブ切り替えを行った際に、稀に製品が他の製品と入れ替わってしまう現象が起こる不備を修正。

縦書き時に、()の文字に長平体をかけた場合、出力時に文字がゆがむ場合がある不備を修正。


13/06/07

前回機能改良を行ったファイルビューア機能にて、画面サイズによって縦方向の表示が正しく表示しない場合がある不具合を修正。

テンプレート保存にて、製品No1の内容を保存する仕様でしたが、現在表示している製品Noの内容を保存できるように改良。

材料配置画面、製品複写機能にて「マーク&作図部分のみ」を実行した場合、一部の組み合わせで不具合が生じるバグを修正。

TrueTypeフォントモードでの特殊スペース(S0〜S3)機能を使用できるように改良。

TrueTypeフォントサンユー彫刻機出力で、大きな文字を出力した際に、一部の文字で滑らかに出力しない場合がある不備を修正。


13/04/21

ファイルビューア機能にて、材料配置状態で確認が行える機能を追加。

マーク挿入機能にてファイルビューア機能を利用してマーク内容を確認後、マーク挿入が行える「マーク挿入−ファイルビューアを使用」機能を追加。

太字設定機能にて、最大太さを3o→5oまで拡大。

簡易作図機能にて、円、円弧を出力する際、機械種類により逆向きに出力されてしまう場合がある不具合を修正。

MS-DOS 旧FD版文字彫刻データを開く際に、深さデータの値が100倍になる場合がある不備を修正。


13/03/05

「環境設定」プログラム更新チェック機能にて、自動アップデートする機能に変更いたしました。従来はプログラム更新が確認された場合、起動時に弊社サポートサイトを表示し手動にて更新をしていただく方式でしたが、新しい方式は自動にてアップデートを行います。

一時保存を材料配置画面にて行った際、稀に材料Noが入れ替わって保存されてしまう場合がある不備を修正。

TrueType書体をNCまたは他彫刻機に出力した場合、右基準行の出力位置が正しい位置に出力されないバグを修正。

PGGR V2の逆向きR四角形をマーク挿入した際、R部分が変形してしまう不備を修正。

マーク挿入した図形に回転をかけた場合、位置がずれる場合がある不備を修正。


13/02/14

指定製品保存機能を追加。材料配置画面にて任意の製品を選択後、名前を付けて保存していただいた場合、選択された製品のみを保存していただくことができます。

増設パラレルポート使用時のLPTポート番号を変更できるよう機能改良。


12/11/01

「ツール」−「文字列の分解」機能を新しく追加。選択された文字列を1文字ごとに分解します。1文字単位での項目値設定が可能です。

彫刻機転送「TrueType書体出力設定」にて、外枠を彫刻しない等の設定が正しく実行されない場合がある不備を修正。

数値入力箇所にて、稀に漢字入力状態になる場合がある不備箇所を修正。


12/09/05

材料配置画面右ボタンクリックメニューにて「材料上書き貼り付け」新機能を追加。あらかじめコピーされた製品を選択した製品に上書きで貼り付けることが可能です。※単品がコピーされている場合、「全内容」の他に「項目値のみ」「レイヤ情報のみ」が選択でき、複数選択製品にまとめて上書き貼り付けが可能です。※複数千品がコピーされている場合は「全内容」のみ上書き貼り付けが実行可能です。※「上書き貼り付け」機能は、貼り付け時に製品選択が無い場合は表示されません。

レイヤー削除機能を一部改良。


12/06/29

材料配置画面にて縦枚数(縦方向の行数)を横枚数の隣に表示するように改良。

ファイルビューア機能にて、旧V1ファイルを選択した場合、製品数が1枚と表示されてしまう不備を修正。

裏彫りで保存されているデータを開いた後、材料配置画面で製品のコピー&貼り付けを行った際、裏彫り情報が表彫りになる場合がある不備を修正。

文字間隔詳細設定にて文字間0mmの行に設定を行った場合、ファイル保存後設定がクリアされる不備を修正。

ローランド/ミマキ出力プラグイン プリンタドライバ出力に対応。


12/06/29

マーク挿入機能にて、マークが混在するデータを転送した場合、出力時に一度マーク中央に移動する動作箇所を修正。

TrueTypeフォント入力時に、「,」が入力された場合、書体によりプログラムが終了してしまうバグを修正。


12/06/04

材料配置画面、マウス材料移動時の一部バグ修正。

プリンタ出力時の一部バグ修正。


12/05/09

文字列幅を優先設定した際の、最小文字間隔割合の値が今まで文字高さの10%で固定でしたが、「環境設定」にて、5〜20%の範囲で変更できるように改良。

「名前を付けて保存」時の保存先を、「前回保存したフォルダ」(通常)、「前回開いたフォルダ」どちらかを「環境設定」―「ファイル他」タブにて標準設定できるように改良。

TrueType書体、同心状塗潰し出力時の出力精度を若干向上。


12/04/12

「太字」項目にて、マウスクリックにてUp、Downする値を、任意の数値をカスタマイズ設定できる機能を追加。使用頻度の高い値、ステップを設定していただくことが可能です。「設定」−「オプション」−「太字設定」にて設定できます。※最小入力値を0.02oにいたしました。0.02〜3oの間で、徐々に値が大きくなるように9段階に設定してください。「初期にに戻す」にていつでも初期値(0.1、0.25、0.5、0.75、1、1.5、2、2.5、3)のステップに戻すことができます。※各ステップサイズ間隔ごとに画面表示太さが変化します。画面表示の太さは目安です。実際の彫刻太さとは異なります。

レイヤー選択プルダウンメニューにて、非彫刻レイヤーが設定されている場合(「環境設定」にて指定可能)、該当レイヤーに「非彫刻」表示をするように改良。

Shiftキーを押しながら複数行選択時に、選択の無い箇所をクリックした場合、選択が解除にならないように改良。

「初期値設置」機能は、「設定」−「オプション」項目へ移動いたしました。


12/03/22

「編集」−「全製品に複写」機能を新しく追加。選択修正画面にて、あらかじめ選択された行を、他の製品の同No行に上書きして複写することができます。従来、製品をコピーする場合、全行の内容ごとコピーされてしまいますが、「全製品に複写」では任意の選択した行のみを複写することが可能です。
※選択入力画面にて使用可能です。
※他の製品の同一No行に上書きして複写されます。同一の行Noが存在しない場合は複写されません。
※どの製品Noから行っても全製品に複写されます。

「太字」機能にて、入力された太さと実測値(カッターの太さを除く)が若干細くなる不備を修正。本バージョンより実測値と同じ太さになるよう調整されています。
※従来の値よりも若干太く彫刻されます。太字設定行を保存されているデータにつきましては、本バージョン以降で開いた場合、太さが異なる場合がございますのでご注意ください。
※マウスクリックで「太字」項目を変更される場合、「0.25o」を新たに追加。
※最低値0.05oまで無段階数値入力可能です。

サンユー彫刻機出力画面、繰り返し回数入力部にて、繰り返し回数のキー入力ができるように改良。


12/03/12

ファイルビューア機能にて、ファイル選択後、↑↓のキー操作にてプレビューファイル選択ができるように改良。

ファイルビューア機能にて、複数枚保存されているファイルの各NoをUP/Downしてプレビューできるように改良。

複数のタブを開いた状態で1つのタブを閉じた際、他のタブの製品枚数が稀に変化してしまう場合がある不備を修正。


12/02/21

ファイルを開いた場合、タブ部分にはタブ番号とファイル名のみの表示ですが、マウスをタブ上においていただくことで、開いたファイルのフルパス(フォルダ名)をツールチップ表示するように改良いたしました。どのフォルダから開いたファイルかを確認できます。

「書式」−「行均等配置」機能を強化。従来の行均等配置機能は、基準行が先頭行固定で、Y方向の場合下方向に均等配置のみでしたが、基準行を最終行(Y方向の場合上方向にに均等配置)、中間行(中間の行を基点にY方向の場合上下に均等配置)オプションを追加しました。

機械書体、彫刻書体が混在した場合、メッセージ画面にて「機械書体を彫刻書体に変換」を選択した場合、全行が彫刻JIS(または彫刻中丸)に変換されてしまう不備を修正。

「材料形状」を押しボタン型に設定後、新規作成した場合、材料の大きさ入力ができなくなる場合がある不備を修正。


12/02/09

「ツール」−「文字列最適化」機能を新しく追加。通常、入力順に行番号が割り振られ、出力時も入力順に転送を行いますが、「文字列最適化」機能を実行していただくことで、位置Yの小さい順(位置Yが同じの場合、位置Xの小さい順)に最適化して行を自動で並び替えます。(全製品に実行されます)

「ファイルバー」機能を追加。画面上部のツールバーに「ファイルバー」(テンプレート専用ツールバーと兼用)を表示させ、使用頻度の高いファイルを5個または10個まで登録し、マウスクリックのみで開くことが可能です。「設定」−「オプション」−「ファイルバー設定」にて、ファイルバーの表示、各ボタンへの登録を行うことができます。表示、登録方法はテンプレートツールバーと全く同じです。

プリンタ出力にて、用紙サイズより大きい製品を印刷する際、大きさによりエラーが発生する場合がある不備を修正。

材料配置画面にて、材料選択がある場合に、範囲を指定しての製品削除を行った場合、選択された製品まで削除される不備を修正。


12/01/16

「太字」機能にて、従来のマウスUp/Down入力に加え、キー入力により0.05〜3.0oの範囲で無段階に値が入力できるように改良。※極小値では画面上の文字太さに変化はありません。画面上の文字太さはあくまでも目安です。実際の彫刻太さとは異なります。

前回アップデート時の「太字」機能修正にて、一部の直線の端の処理が半円を描かず直線になってしまう場合がある不備を修正。


12/01/05

彫刻書体使用時で傾斜入力がある場合、X位置が左側に若干ずれる不備を修正。

「太字」機能にて、新たに+0.1o、+0.25oを加え、計8段階の太さ調節ができるよう改良。

11/12/16

「リカバリーファイルを開く」機能を復活いたしました。V1同様、プログラム上で各機能実行後に自動保存している作業ファイル(V2では1タブで最大40ファイル)をリカバリー用途にて開くことが可能です。
・作成日時が最新のものが直近の保存内容になります。ファイル名下2桁の数字は0〜39の間をローテーションしますので、この番号が多いファイルが直近とは限りません。
・V2ではマルチタブ方式を採用しているためリカバリーファイルの先頭に「T1_」「T2_」のようにタブ番号名が表記されます。
・直前のプログラム起動時の内容のみ開くことが可能です。前々回起動時以前の内容はクリアされます。

CTRL+↑↓←→機能(選択文字列の移動)にて、移動最小ステップ量に「0.1o」をオプション追加。「オプション」−「環境設定」−「文字項目1」にて設定変更可能です。


11/12/11

文字間隔詳細設定のある内容をV1型式保存した場合、文字彫刻V1にて開いた際に、文字間隔詳細設定がリセットされてしまう不備を修正。

文字間隔詳細設定のある行をコピー&貼り付けした場合、元の詳細文字間と異なる文字間になる場合がある不備を修正。

TrueType書体を入力時に、材料配置画面にて製品移動を行った場合、正しく移動されない場合がある不備を修正。


11/11/28

「太字」機能にて、新たに+1.5o、+2.5oを加え、計6段階の太さ調節ができるよう改良。

材料配置画面にて、材料のコピー&貼り付けを行った際、詳細文字間隔設定行があった場合、文字間隔が正しくコピーされない場合がある不備を修正。


11/11/08

「ファイル」−「開く」のCSV型式(カンマ型式)ファイル読み込み機能にて、読み込まれたCSV行内容をリスト表示し、読み込み範囲選択、テンプレート選択などを合わせて行うことができるように機能改良。

プリンタ出力にて線の太さを10段階→16段階に変更。

環境設定、「表示2」項目にて、「材料大きさ変更時、大きさ統一確認メッセージを出さない(複数枚入力時)」オプション項目を追加。

環境設定の製品番号画面表示オプションの「常に表示する」設定の場合、ファイルを開いた場合等にて、No表示がNo.1に戻らない不備を修正。


11/10/27

「画面再描画」「材料最大表示」「指定範囲拡大表示」の各ショートカットキー、ALT+0、ALT+1、ATL+2を、利用しやすいF8、F9、F10にそれぞれ変更いたしました。

プリンタ出力、線の太さ設定時に一部線の太さが変わらない場合がある不備を修正。また、グリッド線、中心線を印刷しないよう改良。


11/10/20

簡易作図にてマイナス値の入力ができるように一部改良。

簡易作図の円出力時にて、正しい形にて出力されない場合がある不備を修正。


11/10/12

選択行に部分自動レイアウトを実行後、もう一度自動レイアウト実行にて全行に自動レイアウトがかかるように機能を変更(V1と同仕様)。

「上書き保存」を実行した場合、ファイルを開いたフォルダではなく共通保存フォルダ(直前に保存されたフォルダ)を保存先としてしまう場合がある不備を修正。

簡易作図のみのデータを一時保存できない場合がある不備を修正。


11/09/29

プリンタ出力にて、「プリンタ/ページ設定」にて設定された余白情報が印刷に反映されない不備を修正。※再度「プリンタ/ページ設定」を開いた際に表示される余白の値が、ミリインチ換算のため若干1/100台の表示誤差があります。(出力には影響ありません)

V1データを開く際に、マークレイアウトを含みマークに長平体がかけられている場合、正しい位置で表示されない場合がある不備を修正。

枚数及び行数の多い内容を転送した場合(計約500行以上)、転送時にエラー表示が出力される場合がある不備を修正。


11/09/26

プリンタ出力時、プリンタ出力画面より、接続されているプリンタを選択できるように改良。

11/09/12版にて修正された文字間詳細設定にて一部不具合な部分がありました。不具合箇所を再修正いたしました。


11/09/15

11/09/12版にて修正された文字間詳細設定にて一部不具合な部分がありました。不具合箇所を再修正いたしました。

11/09/12版から追加された、製品番号を「常に表示する」オプション設定時、製品番号上をマウス左クリックにて製品番号UP、マウス右ボタンクリックで製品番号Downする機能を追加。

「環境設定」に新たに「材料厚さ項目」の表示/非表示オプションを追加。通常は不要な材料厚さ項目を非表示にしていただくことができます。


11/09/12

文字間詳細設定された文字列を複写(コピー/貼り付け、製品コピー等)後、複写先文字列または元の文字列に再度詳細文字間を設定すると、双方の詳細文字間に影響してしまう場合がある不備を修正。

材料配置画面にて、最大表示ボタン を押した際、機械最大面積表示ではなく、現在の入力枚数、配置情報を元に自動計算した最大範囲を表示するように改良。※従来の機械面積最大表示をする場合は、最大表示ボタン右隣の画面倍率プルダウンメニューの最下部「全表示」をクリックしてください。

文字入力部の文字大きさを、若干大きく表示するオプション設定を追加。「オプション」−「環境設定」−「表示2」にて設定可能です。

製品番号画面表示を、常に表示するオプション設定を追加。「オプション」−「環境設定」−「表示1」−「製品番号画面表示」項目にて設定可能です。常に表示の場合、製品No表示は通常より一回り小さく表示します。※表示を一時的に消す(通常表示)ことも可能です。製品番号アップダウンボタン左端の マークをクリックにて、表示←→非表示(通常表示)に切り替わります。

自動レイアウトの適用範囲を標準仕様の「選択行に実行(選択がない場合は全行)」に加え、選択の有無にかかわらず全行に実行するオプション設定を追加。「オプション」−「環境設定」−「文字項目2」にて設定可能です。

簡易作図モードにて、既入力の線分NoをUp、Downさせる際に、キーボードのPageUp、PageDownキーも使用できるように改良。

機械書体/彫刻書体が混在したレイアウトの場合の、転送時警告メッセージをキャンセルした場合、処理がキャンセルされず転送画面に進む不具合を修正。


11/09/06

「更新チェック機能」をプログラム起動時に自動にて行う機能を追加。更新があった場合のみ、画面上に通知します。「設定」-「オプション」-「環境設定」-「特殊設定1」にてオプション選択可能です。

マウス移動時、移動後マウスUP+Altキーにて移動内容を複写する機能を追加。

「プリンタ出力」にて、「全製品を出力 用紙に並ぶ限り配置」指定時、従来の「材料大きさ(No1の材料大きさ+余白1oにて配置」方法に加え、「材料配置ピッチにて配置」方法を新しく追加。

材料配置画面、「製品の並び替え」機能にて、材料大きさを表示するように改良。

「自動レイアウトグループ化」「自動レイアウトグループ全解除」のショートカットキーを Ctrl+G、Ctrl+Shift+G にそれぞれ変更いたしました。(以前「テンプレートファイル保存」に割り当てていました Ctrl+G を→ Ctrl+J に変更いたしました)


11/08/27

材料配置画面にて、スクロールバーのスクロール位置表示が正しくない場合がある不備を修正。

材料配置画面、マウス材料移動機能における一部動作不備箇所を修正。

データダブルクリックにてプログラム起動時(またはプログラム起動中に他のタブで読み込む場合)、他のフォルダウインドウなどが上に重なっている場合、本プログラムの表示を最前面にて表示するように改良。


11/08/19

ハンドスクロール機能を追加。CTRLキー+画面マウスクリック&ドラッグにて、画面を横縦方向に自由にスクロールできます。ドラッグ中はマウスカーソルが手の形に変化し、画面高速行描画させるため、文字列は四角表示されます。編集入力画面、材料配置画面、簡易作図画面、どの画面でもご利用になれます。

「設定」-「更新のチェック」機能を追加。Web接続環境にある場合、弊社Webサーバにアクセスし最新版アップロードファイルの有無をチェックします。

マーク挿入データに回転をかけた場合、正しい位置で回転しない場合がある不備を修正。

「ツール」−「全体回転」にて、90度、-90度が正しく回転されない場合がある不備を修正。

CSV読み込みにて、変換エラー時でもプログラムが終了しないように改良。

ユーザ材料形状登録された材料の画面表示を改良。


11/07/25

「書式」−「行均等配置」機能を新規追加。V1にて同等の機能をV2にも追加いたしました。

材料配置画面にて、製品選択の状態でファイル保存した際、選択された製品の内容がNo1の内容に変わってしまう場合がある不具合を修正。

V1型式保存時、円周行の角度が正しく保存されない場合がある不備を修正。

テンプレート専用ツールバーにて、No.10への登録ができない場合がある不備を修正。

複数のタブを開いている時、タブを閉じる操作を行った際、材料配置情報が閉じる前のタブ情報が残ってしまう場合がある不備を修正。

複数のタブを開いている時、タブの切換を行った際、タブ間で材料余白情報が正しく切り替わらない場合がある不備を修正。

材料配置画面にて、「項目値情報のみ」複写を実行した際、文字幅ロック状態の項目情報が正しく複写されない不備を修正。

「値統一」機能にて全枚数全行を指定した際、項目種類により一部正しく値統一が実行されない場合がある不備を修正。


11/07/04

複数のタブを開いている時、タブ切換、選択入力、材料配置画面を切り替えた際に、画面倍率が異なる倍率になってしまう場合がある不備を修正。

画面表示が「V2式(マウスカーソルを中心に拡大縮小)」方式にて、画面最大表示の際、材料の大きさによっては、画面の中心より少しずれて材料を表示してしまう場合がある不備を修正。

マーク行を含んだデータを複数のタブで開いた際、タブ切換時に画面上でマーク表示しない場合がある不備を修正。

彫刻機転送画面にて、一度「XY軸交換」を「交換」にて転送後(XY軸交換情報はキープされます)、再度彫刻機転送ウィンドウ表示の際、XY軸交換チェック表示が「通常」にチェックが戻ってしまう動作を修正。


11/06/22

ツールバーに画面倍率メニューを新設。プルダウンメニューより25%〜3000%の範囲で選択または、任意の値を数値入力していただくことができます。
※倍率の表記を変更いたしました。単位はV1の「倍」→「%」に、また、100%以上で縮小、100%以下で拡大とWORD、Excelなどと同じ一般的な倍率表現に変更いたしました。

ツールバーに任意倍率を設定できる倍率ボタンを新設。「環境設定」にて任意の倍率を設定していただくことができます。初期値は「100」%になっています。

転送終了時に、転送終了時に「メッセージを残す」設定の場合、転送終了メッセージをキーボードのEnterキーで「閉じる」ことができるように改良。

「長さ計測」機能にて、水平垂直カーソルを表示するように改良。また、数値表示を画面上部に移動しました。

「プリンタ出力」にて、「現製品出力」時に簡易作図内容を印刷しない場合がある不備を修正。

「文字作成ツールV1.2」にて、直線円弧変換の際、円弧の位置、形が変形してしまう場合がある不備を修正。


11/06/15

円周レイアウト時、マウス行選択した際、円周の大きさによって選択操作がしづらい点を改良。

ファイルの「保存」フォルダと「開く」フォルダをそれぞれ別にフォルダ記憶するように改良。

材料配置画面、マウスドラッグドロップ機能にて、ドロップ位置の判定範囲を改良。

彫刻書体+縦彫りの際、「」()などの回転が必要な文字の出力位置が正しく彫刻されない場合がある不備を修正。


11/06/02

材料配置時、マウスドラッグ&ドロップにて製品の移動ができる新機能を追加。材料配置画面にて、材料選択後、材料をドラッグし移動させたい材料の真上で離すと、その材料の前に選択した製品が移動します。

※製品のドラッグ&ドロップ移動機能に関しては、こちら(PDFファイル)の図解入り説明をご覧下さい。

材料配置画面でのShiftキー、Ctrlキーの使用方法を変更したしました。

※製品選択後、Shiftキーを押しながらマウスクリックした場合、クリックされた製品までの連続した範囲を一度に選択することができます。

※製品選択後、Ctrlキーを押しながらマウスクリックした場合、クリックした製品のみ選択追加されます。(従来のShiftキーと同じ働きです)


11/05/15

彫刻機転送画面、繰り返し回数項目にて、「深さ均等」繰り返し機能を追加いたしました。

ツールバーに「文字表示/四角枠表示」切換機能ボタンを新設。文字表示と四角枠表示を切り替えていただくことができます。

材料大きさ情報が次回起動時に初期値として残ってしまう場合がある不備を修正。


11/05/01

新しいタブでファイルを開く際、同名のファイルが既に開かれて編集中の場合、同名ファイルを同時編集できないプログラム仕様を、同時編集が可能なように仕様変更。







 PGグラフィックV2アップデート情報 15/11/01版


「回転」機能にて、回転後の文字列の文字列の位置が異なる場合があるバグを修正。

数箇所の機能改良及び細かいバグの修正及びWindows新OSに対応するための一部修正。



PGGRV2 更新履歴

14/05/11

本バージョンよりV2.1に。サンユー彫刻機出力時のUSBパラレル変換ケーブルに対応。※ドライバソフトセットアップ等作業が必要です。

ガイド線表示時、ガイド数値を表示するように改良。「環境設定」−「表示設定」にて数値の表示/非表示設定が可能です。


14/09/17

終了時に保存されていないタブが複数ある場合の確認画面に、終了をキャンセルする「キャンセル」ボタンを追加(初めの1回目の確認画面に表示されます)。

サンユー彫刻機出力時の精度誤差修正。


14/06/19

DXFファイル読み込みにて一部機能再修正。

サンユー彫刻機転送画面にて、「材料原点/開始位置」の設定方法を変更。


14/06/02

自動アップデート機能にて、弊社サーバにエラーがあった場合、エラー終了してしまう動作を機能修正。

目盛り作成機能のバグを修正。


14/05/20

角度指定円弧入力部のバグを修正。

目盛り作成機能のバグを修正。


14/04/25

DXFファイル読み込みにて一部機能修正。

その他、細かいバグ修正。


14/04/25

新規入力、直線マウス入力にて、右ボタン機能で継続線を入力する際に、線分が接続せず微妙にずれが生じる場合がある不備を修正。

前回アップデート後、F6キーでの転送ができなくなる場合がある不備を修正。

レーザープラグイン、NS500プラグインソフトにデータ転送するタイミングを修正。データ量が大きい場合に稀にエラーになる現象を修正。

「作図」−「各種図形作成」機能に新しく「円/四角形塗り潰し」機能を追加。中心から外側に向かい渦巻状に塗り潰した円/四角形を作図します。


14/04/06

自動アップデート機能を強化。NC出力プラグイン、ローランド(NS500)/ミマキプラグイン、レーザー出力プラグインをご使用の場合、「更新のチェック」アップデート機能にて、本体プログラムと同時に自動更新ができるように改良。※プラグインソフトアップデート検出機能は今回の更新後に機能いたします。

DXFデータ読み込み時、180度以上の円弧部分を正しく読み込まない場合がある不備を修正。

サンユー彫刻機、NS500彫刻機、レーザー彫刻機を同時接続してご利用の場合、それぞれショートカットキーF6、F7、F8にて転送出力できるように改良。

文字入力時、太字設定にした際に、関係の無い線分の表示が太くなる場合がある箇所を修正。

中心線表示時、中心線と線分が重なった場合、線分が表示されない場合がある不備を修正。


14/01/24

EPSファイルを開く時、Y軸反転を同時に行うオプション設定を「環境設定」−「ファイル項目」タブに追加。また、周囲10mmの余白を設けてEPS読み込みを行うように改良。

点線出力時における一部バグの修正。


13/10/17

R挿入機能に関するバグ修正。

NCプラグイン、レーザー出力プラグイン出力時に生じるバグの修正。

その他、細かいバグ修正。


13/06/07

「文字列を図形に分解」機能にて、TrueType書体の右レイアウト実行時に、分解後の位置がおかしくなる不備を修正。

ファイルビューア機能の画面表示不具合を修正。また、PGV1データにて、文字のレイアウトが表示されない場合がある不備を修正。


13/04/21

太字設定機能にて、文字彫刻V2同様に最大太さを3o→5oに拡大。


13/03/05

「環境設定」プログラム更新チェック機能にて、自動アップデートする機能に変更いたしました。従来はプログラム更新が確認された場合、起動時に弊社サポートサイトを表示し手動にて更新をしていただく方式でしたが、新しい方式は自動にてアップデートを行います。

「作図」−「各種図形作成」機能を新しく追加し「押しボタン」作成機能を追加。従来の「扇形」「台形」「三角形」と新たに「押しボタン型」を作成する機能を統合いたしました。

長穴にオフセットを実行した際に、横縦どちらかの大きさがオフセット値より小さい場合、直線に変換する機能を追加。※長穴のみ選択しオフセット実行した場合に有効です。また、一度直線に変換された場合、再度オフセット機能で長穴に戻すことはできません。

長穴出力時の精度向上。

TrueType書体を図形分解後、「複写」を行った場合、曲線部分が正しく複写されない場合がある不備を修正。


13/02/14

前12/11/12b版にてサンユー彫刻機出力時に出力できない場合がある不具合を修正。

増設パラレルポート使用時のLPTポート番号を変更できるよう機能改良。


12/11/01

同心状塗潰し、深さ可変指定(2.5D彫刻)時に、深さが可変しない場合がある動作不備を修正。

数値入力箇所にて、稀に漢字入力状態になる場合がある不備箇所を修正。


12/09/05

細かいバグ修正。


12/08/02

半径円弧数値入力時に、指定した回転方向と逆方向の円弧が作成されてしまう場合がある不備を修正。

直線の長さ表示(1つの直線を選択時、項目値入力部に表示される値)が、正確な長さを表示しない場合がある不備を修正。

TrueTypeフォント入力時に、「,」が入力された場合、書体によりプログラムが終了してしまうバグを修正。


12/06/04

楕円を回転した際、正しい角度で出力されない場合がある不備を修正。

書体登録機能における細かいバグ修正。

その他、細かい改良およびバグ修正。


12/05/09

レイヤー表示部(レイヤー選択プルダウンメニュー)にて、深さ等の情報を表示するように改良。

「名前を付けて保存」時の保存先を、「前回保存したフォルダ」(通常)、「前回開いたフォルダ」どちらかを「環境設定」―「ファイル他」タブにて標準設定できるように改良。

プリンタ出力時にて、太さ設定がある場合、線分の角が丸状にならない不備を修正。

12/04/12

「編集」-「大きさを揃える」メニューを追加(マウス右ボタンメニューにも追加)。円、四角形などの同一の単独線を選択時に、大きさを統一した値に変更できます。円→ドット、ドット→円にも変換が可能です。

円にオフセットを行った際に、半径が0o以下になる円が存在した場合、メッセージ表示後ドット変換(または処理キャンセル)するように改良。

Shiftキーを押しながら複数の線分を選択する際、選択が無い箇所をクリックした場合でも選択が解除されないように修正。

直線マウス入力にて、Shiftキーにて水平/垂直線入力でポイントが少しずれる場合がある不備を修正。

レイヤー選択プルダウンメニューにて、非彫刻レイヤーが設定されている場合(「環境設定」にて指定可能)、該当レイヤーに「非彫刻」表示をするように改良。

文字入力「太字」項目にて、マウスクリックにてUp、Downする値を、任意の数値をカスタマイズ設定できる機能を追加。使用頻度の高い値、ステップを設定していただくことが可能です。「設定」−「オプション」−「太字設定」にて設定できます。※最小入力値を0.02oにいたしました。0.02〜3oの間で、徐々に値が大きくなるように9段階に設定してください。「初期にに戻す」にていつでも初期値(0.1、0.25、0.5、0.75、1、1.5、2、2.5、3)のステップに戻すことができます。※各ステップサイズ間隔ごとに画面表示太さが変化します。画面表示の太さは目安です。実際の彫刻太さとは異なります。

「環境設定」及び「初期値設置」機能は、「設定」−「オプション」項目へ移動いたしました。


12/03/22

「三角形作成」機能にて、作成位置項目に、新たに「中心」位置を追加。

サンユー彫刻機出力画面、繰り返し回数入力部にて、繰り返し回数のキー入力ができるように改良。

「太字」機能にて、入力された太さと実測値(カッターの太さを除く)が若干細くなる不備を修正。本バージョンより実測値と同じ太さになるよう調整されています。
※従来の値よりも若干太く彫刻されます。太字設定行を保存されているデータにつきましては、本バージョン以降で開いた場合、太さが異なる場合がございますのでご注意ください。
※マウスクリックで「太字」項目を変更される場合、「0.25o」を新たに追加。
※最低値0.05oまで無段階数値入力可能です。


12/03/12

前回のアップデート後に、文字入力時に文字間詳細設定を行った場合、ファイル保存後のデータに正しく文字間詳細情報が保存されない場合がある不備を修正。

ファイルビューアにて、ファイル選択後、↑↓のキー操作にてプレビューファイル選択ができるように改良。

マウス線分選択時の直線の選択判定範囲を若干広く修正。

12/02/21

「図形/文字」−「文字列配置」−「行均等配置」機能を強化。従来の行均等配置機能は、基準行が先頭行固定で、Y方向の場合下方向に均等配置のみでしたが、基準行を最終行(Y方向の場合上方向にに均等配置)、中間行(中間の行を基点にY方向の場合上下に均等配置)オプションを追加しました。

ファイルを開いた場合、タブ部分にはタブ番号とファイル名のみの表示ですが、マウスをタブ上においていただくことで、開いたファイルのフルパス(フォルダ名)をツールチップ表示するように改良いたしました。どのフォルダから開いたファイルかを確認できます。

複数のタブを開いている状態で、1つのタブを閉じた場合、次に表示されるタブの材料の大きさが閉じたタブの材料大きさに変化してしまう場合がある不備を修正。


12/02/09

「データ最適化」機能にて、データ内に文字列が存在した場合、文字列も最適化するように改良。通常、入力順に行番号が割り振られ、出力時も入力順に転送を行いますが、「文字列最適化」機能を実行していただくことで、位置Yの小さい順(位置Yが同じの場合、位置Xの小さい順)に最適化して行Noを自動で並び替えます。

「複写」機能にて、文字列を複写した場合、正しく複写されない場合がある不備を修正。

「移動」、「貼り付け」時に、移動線を描画の状態の場合に、円の移動線が正確に描画されない不備を修正。


12/01/16

DXF、EPSファイルを開く時に、データ最適化機能を自動実行するように改良。データ最適化を自動実行しない場合は、「環境設定」にて設定を変更可能です。

「データ最適化」実行時に、直線の平均化(連続した細かい直線がほぼ直線と判定された場合、一つの直線に変換)する機能、及び極小の移動点(線分と線分の間が極小に離れ連続化していない点)がある場合、自動で直線変換し連続化させる機能を付加。

「重複線のチェック」機能にて、始点終点が反対の重複線もチェックするように改良。

「太字」機能にて、従来のマウスUp/Down入力に加え、キー入力により0.05〜3.0oの範囲で無段階に値が入力できるように改良。※極小値では画面上の文字太さに変化はありません。画面上の文字太さはあくまでも目安です。実際の彫刻太さとは異なります。


12/01/05

DXF、EPSファイルを開く時に、データ最適化機能を自動実行するように改良。データ最適化を自動実行しない場合は、「環境設定」にて設定を変更可能です。

「データ最適化」実行時に、直線の平均化(連続した細かい直線がほぼ直線と判定された場合、一つの直線に変換)する機能、及び極小の移動点(線分と線分の間が極小に離れ連続化していない点)がある場合、自動で直線変換し連続化させる機能を付加。

「重複線のチェック」機能にて、始点終点が反対の重複線もチェックするように改良。

「太字」機能にて、従来のマウスUp/Down入力に加え、キー入力により0.05〜3.0oの範囲で無段階に値が入力できるように改良。※極小値では画面上の文字太さに変化はありません。画面上の文字太さはあくまでも目安です。実際の彫刻太さとは異なります。


12/01/05

「ツール」−「平行線」機能を新設。「平行線」機能は「オフセット」機能と同じように、指定された位置に線分をオフセットさせる機能ですが、以下の点が異なります。
・「平行線」機能は閉じていない図形や1本線に利用できます。閉じていない図形をオフセットする場合は、この「平行線」機能を使用してください。
・「平行線」機能には、「オフセット」機能のようなトリミング機能(オフセット線分が重なった場合の重なり線を自動削除)、始点終点延長機能オプションはありません。

「ツール」−「連続線作成順反転」機能にて、従来の反転機能に加え、選択された線分を全て「時計回り」、「反時計回り」にする機能を新しく追加。また、名称も「方向反転/設定」に変更いたしました。

ツールバー「ツール」機能内の、「複写」「移動」「回転」「大きさ/倍率」「ミラー反転」「Y軸反転」の機能を、ツールバー「編集」に移動いたしました。

「太字」機能にて、新たに+0.1o、+0.25oを加え、計8段階の太さ調節ができるよう改良。


11/12/16

「ツール」−「複写」にて文字列を複写後、複写先の文字列を選択した際、正しく選択できない場合がある不備を修正。

「リカバリーファイルを開く」機能を復活いたしました。V1同様、プログラム上で各機能実行後に自動保存している作業ファイル(V2では1タブで最大40ファイル)をリカバリー用途にて開くことが可能です。
・作成日時が最新のものが直近の保存内容になります。ファイル名下2桁の数字は0〜39の間をローテーションしますので、この番号が多いファイルが直近とは限りません。
・V2ではマルチタブ方式を採用しているためリカバリーファイルの先頭に「T1_」「T2_」のようにタブ番号名が表記されます。
・直前のプログラム起動時の内容のみ開くことが可能です。前々回起動時以前の内容はクリアされます。

ポイント修正モード/ポイント追加機能にて、V1と同じ動作(任意の箇所に移動してポイント追加)するオプション設定を追加。「環境設定」−「基本設定2」にて、V2方式(元の線の形状を残した状態でポイント追加)、V1式(任意の箇所にマウスを動かして追加)する方式を選択できます。

12/11版にて追加いたしました「移動線直線化機能」にて、CTRL+INSキーにて実行できるようにショートカットキーを割り当てました。また、円弧間を変換した際の動作不備と、1線分のみ選択された場合で次の線が移動の場合にも実行できるように改良いたしました。

12/11版にて追加いたしました「三角形」作成機能にて、「位置」設定の場所に作図されない不備を修正。

「貼り付け」−「マウス」にて正しく張り付けできない場合がある不備を修正。


11/12/11

サンユー彫刻機出力時に、新しく「出力順」項目を新設。従来出力される順序は「データ作成順」のみでしたが、「レイヤー順」を指定された場合、レイヤー番号の小さい順(レイヤー1→2→3→4…の順)に出力を行います。(同じレイヤー内の順位は作成順になります。また、図形部分のみに適用され、文字部分は常に図形部分の後の出力になります)

「作図」−「三角形」作成機能を新設。正三角形、二等辺三角形、直角三角形を辺の長さ、高さ、角度、位置等の必用な項目値を与えるだけで簡単に作成します。

「ツール」−「移動線直線変換」機能を新設。選択された線分間の移動線を一括して直線に変換します。円、四角、楕円などの単独線分間の移動線は変換されません。

ポイント修正、ポイント移動実行時に、最終入力線分のポイントにてポイント選択できない場合がある不備を修正。

文字間隔詳細設定のある行をコピー&貼り付けした場合、元の詳細文字間と異なる文字間になる場合がある不備を修正。


11/11/28

文字彫刻V2同様、「太字」機能にて、新たに+1.5o、+2.5oを加え、計6段階の太さ調節ができるよう改良。

ポイント修正、「ポイント追加」機能にて円弧形状によってポイント追加ができない場合がある不備を修正。

ポイント修正、R挿入機能にて、Shiftキーを押しながらポイントクリックした場合、連続した全ての線分間に一度に指定されたRを挿入する機能を追加。

「ツール」-「重複線をチェック」機能を追加。始点終点が同じ直線、中心半径が同一な円等、見た目では判断できない重複線の存在をチェックします。重複線がある場合の削除も可能です。

転送時、材料の範囲外にデータが存在した場合、警告メッセージを出力するように機能改良。

「表示」−「選択画面ポイント表示」−「表示する」にて、選択修正画面だけでなく新規入力画面でもポイントを表示するように改良。※V1同様、画面が再描画されるタイミングにてポイント表示します。

「扇形」作成にて、180度以上の場合、円弧が連続した形状にならない不具合を修正。


11/11/08

「オフセット」機能の「方向」項目に、新たに「両側」項目を追加。

「一時保存」「一時保存ファイルを開く」にて、文字彫刻V2同様10ファイルまで保存できるように改良。

「彫刻機転送」−「指定レイヤーのみ出力」設定時、レイヤー深さ変更した際、出力レイヤーが変更されてしまう場合がある不備を修正。


11/10/27

「画面再描画」「材料最大表示」「指定範囲拡大表示」の各ショートカットキー、ALT+0、ALT+1、ATL+2を、利用しやすいF8、F9、F10にそれぞれ変更いたしました。

マウス右ボタンメニューの「貼り付け」機能にて、「マウス」「数値」を選択できるように改良。

既に入力されている線分の深さを変更する際、深さ入力後「修正」ボタンを押す必要なく、深さ入力+Enterで修正できるように改良。

塗潰し機能の、オフセット方式項目にて、「オフセット2」にて塗りつぶしを行った場合、塗潰し線が2重に作成される場合がある不備を修正。

ファイルを開く際、保存されている点線などの線分属性情報が反映されない箇所を修正。

出力時の「指定値で彫刻」部に表示される深さ表示の値が、一定値であっても「深さ混合」と表示される場合がある不備を修正。


11/10/20

ファイル保存時転送表裏情報を正しく保存するように修正。

NCファイル出力(オプション)の曲線→円弧変換時の深さ設定を正しく出力するよう修正。


11/10/12

文字、図形がレイアウトされている状態にて、それぞれを選択した際に、稀に選択されたレイヤー番号が1に変更されてしまう場合がある不備を修正。

9/5に新機能として追加された、点線、鎖線、矢印線などの属性線分を「選択図形分解」した場合、表示通りに線分分解する新機能にて、既存の線と重なって作成されてしまう不備を修正。

「上書き保存」を実行した場合、ファイルを開いたフォルダではなく共通保存フォルダ(直前に保存されたフォルダ)を保存先としてしまう場合がある不備を修正。

「回転」機能にて、コピーするにて全体を回転させた場合、コピー回数が正しい回数コピーされない場合がある不備を修正。

非彫刻レイヤーに設定されているレイヤーが、内容により一部彫刻されてしまう不備を修正。

EPS読み込み時の精度を一部向上。


11/09/29

サンユー彫刻機転送にて、データ転送後、機械側の「LINE MOVE」機能を使用してカッター位置を移動する際、機械操作パネル↑↓キーで10線分ごとの移動位置にカッター移動するように修正(V1と同仕様)。

「表示」−「材料中心線表示」「入力パネル位置」情報を記憶するように改良。

プリンタ出力にて、「プリンタ/ページ設定」にて設定された余白情報が印刷に反映されない不備を修正。

「塗潰し」機能「同心状」方式にて、反時計回り方向でも塗潰しが行えるように機能改良。


11/09/26

プリンタ出力時、プリンタ出力画面より、接続されているプリンタを選択できるように改良。


11/09/15

文字彫刻同様、11/09/12版にて修正された文字間詳細設定にて一部不具合な部分がありました。不具合箇所を再修正いたしました。

「環境設定」に新たに「材料厚さ項目」の表示/非表示オプションを追加。通常は不要な材料厚さ項目を非表示にしていただくことができます。


11/09/12

「オフセット」機能にて、円をオフセットした場合4分割円弧に分割されてオフセットされていましたが、円のみ単独でオフセットする場合のみ、円弧分割せず円のままオフセットするように機能変更。

文字入力部の文字大きさを、若干大きく表示するオプション設定を追加。「オプション」−「環境設定」−「表示2」にて設定可能です。


11/09/05

「更新チェック機能」をプログラム起動時に自動にて行う機能を追加。更新があった場合のみ、画面上に通知します。「設定」-「オプション」-「環境設定」-「特殊設定1」にてオプション選択可能です。

マウス移動時、移動後マウスUP+Altキーにて移動内容を複写する機能を追加。

点線、鎖線、矢印線などの属性を指定した線分を選択後、「選択図形分解」した場合、指定したピッチ(画面のピッチ通り)にて線分分解するように改良。分解後は点線、鎖線の修正、分断、異なるピッチの作成などの編集が可能になります。

「文字/図形」-「文字列配置」-「文字列の並び替え」機能を追加。文字彫刻V2と同等の機能です。

「文字/図形」-「文字列配置」-「文字列均等配置」機能を追加。文字彫刻V2(行均等配置)と同等の機能です。


11/08/26

「重ねて開く」-「以下の内容で開く」にてXY位置を指定して開いた場合、Y位置座標が指定した位置と異なる場合がある不備を修正。。

「重ねて開く」-「マウスで指示」及び「貼り付け」-「マウス」にて位置指定時、マウスの位置により、貼り付け画像が点滅し正しく位置指定ができない場合がある不備を修正。


11/08/18

ハンドスクロール機能を追加。CTRLキー+画面マウスクリック&ドラッグにて、画面を横縦方向に自由にスクロールできます。ドラッグ中はマウスカーソルが手の形に変化します。編集選択画面、新規入力画面、ポイント修正画面、どの画面でもご利用になれます。

「設定」-「更新のチェック」機能を追加。Web接続環境にある場合、弊社Webサーバにアクセスし最新版アップロードファイルの有無をチェックします。

旧型式データを開いた際、材料大きさの指定がない場合、全体の大きさを算出して読み込むように改良。

スキャナ/画像ベクトル変換にて、処理キャンセル後作成途中データが消去されてしまう場合がある不備を修正。


11/07/25

彫刻機転送ウインドウにて、異なる深さが混合しているデータの場合、深さ指定項目に「深さ混合」表示するように機能改良。また、同項目にレイヤー設定ボタンを設置。

DXFファイルを開いた際、CAD側で設定されたレイヤー情報を正しく変換しない場合がある不備を修正。

線分を数値にて修正後、レイヤー1以外の線分がレイヤー1に変更されてしまう場合がある不備を修正。

一時保存データを開いた際、材料の大きさにより、グリッド線が材料全体に表示されない場合がある不備を修正。

オフセットを行った線分も、選択修正画面でポイントを表示するように改良。


11/07/04

グリッド線を文字彫刻V2同様に、指定した間隔にて常に表示するように改良。「表示」-「グリッド/ガイド線表示」にて、表示無し〜100oの範囲で設定していただくことが可能です。

レイヤー別彫刻時、レイヤーの組み合わせ状態、レイヤーの出力順により正しく出力しない場合がある不備を修正。

「回転」機能にて、回転角度が小数点以下の数値が省かれる動作を修正。

旧データを開く際、直線の始点終点が同一の場合、不要線と認識し自動で削除されますが、削除せず「ドット」点として変換し読み込むオプションを「設定」-「環境設定」に追加。


11/06/22

文字彫刻同様、ツールバーに画面倍率メニューを新設。プルダウンメニューより25%〜6000%の範囲で選択または、任意の値を数値入力していただくことができます。
※倍率の表記を変更いたしました。単位はV1の「倍」→「%」に、また、100%以上で縮小、100%以下で拡大とWORD、Excelなどと同じ一般的な倍率表現に変更いたしました。

直線項目を数値にて修正時、連続した線分の場合、繋がったポイントも一緒に数値変更される基本仕様ですが、繋がった線分の数値は変更したくない場合に、「連続線は変更しない」チェック項目を新設いたしました。この項目は直線の選択修正時にのみ表示されます。

転送終了時に、転送終了時に「メッセージを残す」設定の場合、転送終了メッセージをキーボードのEnterキーで「閉じる」ことができるように改良。

「長さ計測」機能にて、水平垂直カーソルを表示するように改良。また、数値表示を画面上部に移動しました。

「設定」−「初期項目値設定」にて、「基本深さ」項目の内容が設定されない場合がある不備を修正。


11/06/15

「長さ計測」機能にて、長さとX,Yの相対距離を表示項目に追加。また、ポイントにスナップして計測できるように機能追加。

「図形/文字」-「文字列配置」-「文字列逆順配置」機能を追加。文字彫刻V2と同等の機能です。また、「図形/文字」メニュー表示項目を一部変更。

新規入力時に←→キーで入力パネル切換が可能でしたが、数値修正時に←→キーを押した際、パネルが変わってしまう事態解消のため、CTRL+←→にて入力パネル切換を行うように変更いたしました。

EPSデータ読み込み箇所を一部内部改良。

ファイルの「保存」フォルダと「開く」フォルダをそれぞれ別にフォルダ記憶するように改良。

移動線を表示した際、ドット間の移動線が正しく表示されない不備を修正。


11/06/02

「図形/文字」-「文字列の円周配置」機能を追加。文字彫刻V2と同等の機能です。

連続線の終点ポイントを数値入力にて修正した場合、修正した値が極小の場合、繋がった次の線分の始点が同期して修正されない不備を修正。

一度回転した文字列を再度「回転」した際、正確な回転角度にならない場合がある不備を修正。

.Pgwデータ(V1データ)にて、角度指定円弧が一部正確にV2読み込みできない箇所を改良。

円を修正入力した場合、不要な線分が挿入されてしまう場合がある不備を修正。


11/05/15

文字彫刻同様、彫刻機転送画面、繰り返し回数項目にて、「深さ均等」繰り返し機能を追加いたしました。

「円形目盛」機能にて、弧の有無オプションを「無し」に設定した場合でも弧が付いてしまう不備を修正。また、目盛長にて、小数点以下が有効にならない不備を修正。

材料大きさ入力にて、Enterキーを押さなかった場合でも値が確定するように改良。


11/05/01

新しいタブでファイルを開く際、同名のファイルが既に開かれて編集中の場合、同名ファイルを同時編集できないプログラム仕様を、同時編集が可能なように仕様変更。

「塗潰し」機能にて、従来のオフセット方式(図形内部をオフセット量内側から塗りつぶす方式)をV1方式としてオプション追加。

「ポイント修正」画面、「ポイントの移動」機能にて、Shiftキーを押しながらマウスクリックにて、閉図形の開始(終了)ポイントを任意のポイントに変更できる機能を追加。※連続した線分で構成される閉じた図形にのみ適用できます。





※サンユー彫刻機をご利用で、バージョンアップ後、「ファイル」内メニューにて「サンユー彫刻機に転送」メニューが表示されない場合、このファイル(menuv2.exe)を保存実行し、c:\sanyusoftに作成される「menyu_sy.exe」をダブルクリックし、画面指示のボタンをクリックしてください。




 NCプラグインV2アップデート情報 14/2/13版


ブリッジデータ作成時に、内容により正しくブリッジが作成されない場合があるバグを修正。

円弧直線補完時(RS6260出力選択時)の補完度合いを5段階に調整できるように改良。

細かい改良およびバグ修正。





 ローランド/NS500プラグインアップデート情報 15/11/01版


※プリンタドライバー出力版の更新情報です。RS232C出力版とは異なります。

オプション設定にてソフトウエア原点左上に設定できるよう機能改良。

全体左90度、右90度回転ができる機能を新設。


開始位置X、Yの値をキープする/しないの選択ができるように改良。キープするの場合はプログラムを閉じても入力された開始位置XYの値をキープします。※初期設定はキープしない設定になっていますので、「設定」(速度設定タブ下部のスパナマークボタン)の「開始位置X、Yの値をキープする」にチェックを入れてください。

文字彫刻V2から材料の大きさが異なる製品を複数出力した場合、2枚目以降のY位置が正しい位置で彫刻されない場合があるバグを修正。

その他細かいバグ修正。





 レーザープラグインアップデート情報 15/5/7版


レイヤー別太さ情報の保存方法を、Windowsファイルフォルダ形式で保存できるように改良。画面左下の「設定」にて、従来の保存方法とWindowsファイルフォルダ形式での保存方法を選択できます。
※従来方式で保存された内容はWindowsファイルフォルダ形式で使用することはできません。

細かいバグの修正。





ご注意

・最新版には、過去の全てのバージョンアップ内容を含んでいます。途中のバージョンアップを行っていない場合でも、最新バージョンにしていただくことができます。





プログラムバージョン


・NEW 文字彫刻 V2

・NEW PGグラフィック V2


・文字彫刻 V1、PGGR V1はこちら




アイコンについて


… 新機能追加
… 機能改良
… バグ修正、不具合修正
… 機能上重要箇所の修正



■サンユー、旧関東マシン製
彫刻機をご使用のお客様

・プリンタ(パラレル)ポートについて